膵臓癌の発覚

『癌』と『がん』では意味が違う?悪性腫瘍の対象範囲が異なります

『癌』と『がん』では意味が違う?悪性腫瘍の対象範囲が異なります
ジョコボ
ジョコボ
こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、『癌』と『がん』の意味の違いについて取り上げます。

オオカミ男
オオカミ男
このブログを見ていて、『癌』と『がん』という言葉が入り混じっているのが気になったんだけど、統一して使った方がいいんじゃない?
わざと?
ジョコボ
ジョコボ
読みは同じだけど、意味が違うらしいのです。
と言いつつ、このブログではしっかり使い分けられてはいないのですが。。

実際、漢字の『癌』と平仮名の『がん』では、意味が違うようです。

がんの名称は、一般的には発生した臓器、組織などにより分類されます。 ひらがなの「がん」は悪性腫瘍全体を示すときに用いられ、上皮細胞から発生するがんに限定するときは、漢字の「癌」という表現を用いることが多いようです。

引用元:がん情報サービス『知っておきたいがんの基礎知識 』

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

『癌』の意味

皮膚や胃・腸の粘膜などに発生した悪性腫瘍を『癌』と言うそうです。

肺癌、胃癌、大腸癌などはこれにあたります。英語では cancer と表します。

ジョコボ
ジョコボ
ジョコボがなった膵臓癌もそうです。

 

『がん』の意味

一方、『がん』は『癌』だけでなく悪性腫瘍全般を指すそうです。

上述の肺癌、胃癌、大腸癌はもちろん、骨肉腫、白血病、悪性リンパ腫なども含まれることになります。

悪性腫瘍は英語で malignant tumor などと表すようで、『がん』を cancer と訳してしまうと、ちょっと意味合いが異なってしまうのですね。

ジョコボ
ジョコボ
膵臓『癌』でも膵臓『がん』でも書き方としては正しいわけです。

 

まとめ …悪性腫瘍の対象範囲が異なる

以上より、『癌』と『がん』では、悪性腫瘍の対象範囲が異なります。

悪性腫瘍全般を指して語りたい場合は、『がん』と書くべきということですね。

とは言え、当ブログを始めた頃はまだこの認識がなく、私が膵臓癌になった経緯もあって、基本的には『癌』という漢字を使うようにしています。

ただ、固有名詞である『がん検診』、『がん保険』、『がん細胞』、『国立がん研究センター』などを用いる時は、そのまま『がん』を使っています。

ジョコボ
ジョコボ
ということで、このブログでは『癌』と『がん』が入り混じってしまっている状態なのです。
こんな回答で納得いきますか?
オオカミ男
オオカミ男
そうだね。
理解はしたけど、この際『がん』に統一したら?
ジョコボ
ジョコボ
うーん、、考えておきますが、変更するのも手間でして、しばらくこの方針でいさせてください。

 

ジョコボ
ジョコボ
この記事『『癌』と『がん』では意味が違う?悪性腫瘍の対象範囲が異なります』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

長男
長男
ありがとうございます!