自宅療養

膵臓癌を摘出手術した退院後の体験談…2ヶ月経過時の回復具合をブログで紹介

膵臓癌を摘出手術した退院後の体験談…2ヶ月経過時の回復具合をブログで紹介
ジョコボ
ジョコボ
こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、膵臓癌の摘出手術による回復具合について取り上げます。

オオカミ男
オオカミ男
膵臓癌の摘出手術からしばらく経ったけど、回復具合は実際どんな感じなのさ?
日常生活には困らなくなったのはいつ頃?
ジョコボ
ジョコボ
術後2ヶ月くらいしたら、日常生活にはだいぶ困らなくなってきたように思います。

以下、手術から2か月経過時までの私自身の回復具合の経緯をお伝えします。

手術の回復具合なんて個人差があるもので、他人の状況など知りたい人は少ないかもしれませんが、参考までにどうぞ。

 

【体験談①】膵臓癌の摘出手術~退院までの回復具合

私の場合、膵臓癌の摘出手術による入院期間は約3週間でした。

手術当日は集中治療室に泊まったので、病室へ移ったのは翌日です。その時はこんな状態でした。

体に繋がったチューブ類が5つ
・痛み止めの点滴
・栄養補給の点滴
・導尿用のチューブ
・排液用のドレーン ×2

当然ながら、痛みや気持ち悪さもひどく、自由に動くことなどできません。ご飯もまだ口から食べられないので、栄養補給は点滴のみです。

大きな手術なんて初めての経験ですし、不安のまま手術後の入院生活へ突入することになりました。

術後1週間経過

1週間も経つと、だいぶ状況が変わりました。

まず、導尿用のチューブ、痛み止めの点滴用のチューブが外れました。術後2日目くらいだったと思います。

ジョコボ
ジョコボ
ちなみに、痛み止めは点滴から内服薬に変わりました。

術後5日目には、排液用のドレーンも1つ外れ、重湯などの流動食を少量ですが食べられるようになりました。

この頃には、フロア内を歩き回れるようになり、リハビリも始まっていたと思います。

そして、1週間後には、その他のチューブも全て外れ、シャワーも自力で浴びられるようになったのです。

想像していた以上の順調な回復ぶりでした。

ジョコボ
ジョコボ
この頃までは順調そのものでした…

術後10日経過

もうすぐ退院できてしまうのでは、というくらい順調に回復を見せていた中、異変が起きます。

10日経過した頃だったと思いますが、夜中にお腹の痛みがひどくなり、痛み止めの薬も効かなかったのです。

ジョコボ
ジョコボ
夜間の看護師さんも色々試してみてくれたものの痛みは変わらず、朝まで我慢して先生に診てもらいました。

原因は、治まったと思った排液がぶり返し、体内に溜まっていたのです。

結局、排液用のドレーンをまた体に繋げることになりました。

ジョコボ
ジョコボ
チューブがなく自由に動けたのは2日間くらいでした。
そして、この排液用のドレーンが後々まで響くことになります。

術後2週間経過

2週間経っても排液はまだ治まりません。

それでも、病院食は普通のご飯が出てくるようになり、リハビリも順調にこなしていたので、排液用のドレーンを持ち帰っての退院の話が浮上しました。

ジョコボ
ジョコボ
えっ!?これ持ち帰るの?
と思いましたが、珍しいケースではないそうです。

ということで、入院から約3週間で退院することが決まりました。

 

【体験談②】退院後~手術後2ヶ月経過時の回復具合

退院したものの、しばらくは排液用のドレーンを体に繋げたままの生活を余儀なくされました。

家に帰ってきて家族と過ごせるのは嬉しいのですが、このドレーンが不便です。

日中はショルダーバッグの中にドレーンを入れて常に持ち歩き、お風呂の時も寝る時も気をつける必要があります。

ジョコボ
ジョコボ
しかも、これが取れるまでは、抗癌剤の治療も開始できません

それに、手術の傷口の痛みはだいぶ治まってきたものの、力を入れるとまだけっこう痛みました。

そのため、子供は抱っこできないですし、咳き込んだり、クシャミしたりは苦行そのものです。

ジョコボ
ジョコボ
ということで、日常生活には戻ったものの、困らないとはとても言えない状況でしたね。

退院から3週間くらいすると、排液も傷口の痛みもかなり治まってきました。

そして、退院から約1ヶ月で、排液ドレーンも外すことができたのです。

これで日常生活の不便から解放された気がしました。

この頃には、子供を抱っこできるようにもなり、お風呂も一緒に入れるようになっていました。

手術から2ヶ月ほど経過した頃です。

妻
ようやく以前の日常生活に近づいた気がしましたね。
本人が困る状況は、もちろん一緒に住んでいる家族にも影響するわけです。
ジョコボ
ジョコボ
うんうん、そうだよね。

 

これから

排液ドレーンが外れたと同時に、抗癌剤治療が開始しました。

治療は1年間続く予定です。

以前の日常生活に近づいたと言っても、治療はまだまだ続きますし、仕事はお休みしているので、以前と同じでは全くないですね。

というより、同じ状態に戻ることはないと思います。

べつに後ろ向きな意味ではありません。

これから復職しても、仕事を優先することはやめて、自身の健康や家族のため、プライベートの時間を大事にしたいと考えるようになったからです。

ジョコボ
ジョコボ
前の自分を否定するつもりもないですが、考え方が変わりました。
あと、ブログを継続するための時間も欲しいですしね。
ジョコボ
ジョコボ
ちょっと話が逸れましたが、こんな回答で大丈夫ですか?
オオカミ男
オオカミ男
うん、参考にはなったよ。
それに、だいぶ回復したようで安心したし。
膵臓癌の抗癌剤(TS-1)の副作用の体験談…2サイクル服用後の振り返りをブログで紹介
膵臓癌の抗癌剤(TS-1)の副作用の体験談…2サイクル服用後の振り返りをブログで紹介膵臓癌の当事者として、抗癌剤(TS-1)の副作用の体験談を共有します。1サイクル服用後の話でして、自覚症状のある副作用「食欲不振」「消化器不良」「口内炎」、検査でわかる副作用「白血球減少」に分けてお伝えしています。...
癌になって良かったこと?膵臓癌の当事者が前向きに9つ挙げてみた
癌は怖いし不安だからこそ…癌になって良かったことも考えよう!《膵臓癌の当事者談》膵臓癌の当事者として、癌になって良かったことを前向きに9つ挙げてみました。癌は怖いし不安なものですが、なったからには前向きに受け止め、今を生きる活力にしたいのです。「家族と過ごす時間」「睡眠時間」「妻の負担軽減」「笑う回数」「ブログとtwitter」などなど詳しく紹介します。...

 

ジョコボ
ジョコボ
この記事『膵臓癌を摘出手術した退院後の体験談…2ヶ月経過時の回復具合をブログで紹介』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

長男
長男
ありがとうございます!