免疫力ダウン

その『冷え症』も免疫力低下の合図かも?生活改善による解消のススメ!

その『冷え症』も免疫力低下の合図かも?生活改善による解消のススメ!
ジョコボ
ジョコボ
こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、『冷え症』を生活改善で解消する方法について取り上げます。

寒い冬はもちろん、夏場であっても冷房の効いた部屋で「冷え」を感じる人も多いですよね?

ジョコボ
ジョコボ
会社の冷房の温度設定トラブルなんかも珍しくありません。

これを読んでいるあなたも、『冷え症』に悩んで、ここに辿り着いたのではないでしょうか。

とくに筋肉量の少ない女性は、体内で熱を作り出し難く、『冷え症』に悩むケースが多いそうです。

妻
私も会社の冷房が苦手です。

もしかしたら、その『冷え症』は、免疫力の低下を知らせる合図かもしれません。

というのも、冷え症』の主な原因のひとつに血行不良があるからです。

そこで今回は、生活習慣を改善して血行を良くすることで、『冷え症』も解消しつつ、免疫力の低下も防ぎましょう!というテーマでお伝えします。

ジョコボ
ジョコボ
免疫力の低下は、様々な病気を招く可能性があるため、注意が必要です。

 

『冷え症』が免疫力低下の合図とは?

まず、『冷え症』の主な原因として、血行不良自律神経の乱れが知られています。

そもそも人間の体が温かいのは、体中に温かい血液が運ばれているから。血行が正常であれば、温かい血液が行き渡っているので、体も温かいのです。

ストレスを受け続けると、交感神経が優位な状態が続きます。交感神経は、主に体が活動しているときに働く自律神経で、手足などの血管を収縮させる働きがあるため、血行が悪くなり、冷えにつながるのです。

引用元:花王ヘルスケアナビ『冷えを防ぐための基礎知識』

そのいずれか、もしくは両方が合わさって『冷え症』が起こるわけですね。

ただ、自律神経の乱れが原因だとしても、手足などの血管を収縮させてしまうことで血行が悪くなるため、結果的に血行不良に繋がります。

ということで、『冷え症』は血行不良と密接に関係しているのです。

そして、その血行不良は、免疫力の低下をも促すと考えられています。

血流が悪くなり、体の隅々に栄養や免疫細胞が運ばれにくくなることで、免疫力が低下するのです。

引用元:乳酸菌B240研究所『免疫力低下の原因』

『冷え症』が免疫力の低下を知らせる合図という理由は、この点にあるのです。

それに、血行不良は、免疫力の低下だけでなく、肩こり、腰痛、むくみ、生理不順、自律神経の乱れなどの要因にもなり得ますし、酷くなると脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす可能性もあります。

ということで、あらゆる病気を未然に防ぐためにも、生活習慣を改善して血行を良好にし、『冷え症』も解消させつつ、免疫力の低下も防いでいきましょう!

 

生活改善による『冷え症』解消法

『冷え症』が免疫力の低下を知らせてくれることはわかりました。

だとしても、どう生活改善すればよいのかという疑問が残りますね。

血行を良好にするという観点で考えると、重要なのは体温です。血行と体温は深く関連し合っています。

近年、「運動不足」「睡眠不足」「食生活の偏り」「エアコン生活」などを原因とした「低体温(36.0℃以下)」問題視されていますが、それも血行不良による免疫力の低下などがあるからです。

人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くようにできています。

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン。同じく免疫に関わる腸の働きも低下します。

引用:太陽笑顔fufufu『健康のため大切なのは、理想的な体温。』

であれば、体温を上げるような生活改善を取り入れることが、妥当な方法だと言えるでしょう。

体温を上げる具体的な生活習慣と言えば…、運動入浴が挙げられます。

運動入浴の習慣を見直すことが、体温を上げて血行を良好にし、『肩こり』の解消にも繋がるわけです。

見直し方法については、別記事の生活改善『運動』編免疫力を高める方法『入浴』編にて、それぞれ紹介していますので、そちらをご参照ください。

生活改善で病気に負けないゼ!『運動』が免疫力を高める効果とは?
生活改善で病気に負けないゼ!習慣的な『運動』が免疫力UPに効果あり病気に負けない体をつくるため、生活習慣『運動』を改善してみませんか?今回、『運動』が免疫力に与える影響を調べたところ、習慣的な運動は免疫力を高める一方、激しい運動は免疫力を低下させることもわかりました。適度な運動「ウォーキング」「ジョギング」「サイクリング」「スイミング」「ラジオ体操」についても紹介します。...
免疫力を高める方法?『入浴』で血流を良くして病気予防に備えるべし!
免疫力を高める方法?『入浴』で血流を良くして病気予防に備えるべし!病気に負けない体をつくるためには、『入浴』が大切だと言われています。それは何故か?入浴には、免疫機能を持つ白血球、および、免疫をつかさどる腸の働きを活性化する効果があるからです。40℃程度の湯船にゆったり浸かることが大事です。あなたも湯船に浸かる習慣を日々の生活に取り入れてみましょう!...
生活改善で病気に負けないモン!『体温』を上げると免疫力も向上できる
生活改善で病気に負けないモン!『体温』を上げると免疫力も向上できる病気に負けない体をつくるため、生活習慣『体温』を改善してみませんか?今回、『体温』が免疫力に与える影響を調べたところ、理想的な体温は36.5℃以上と言われ、36℃以下では血行不良を招き、免疫力をも低下させることがわかりました。理体温を上げる方法「運動」「入浴」も紹介します。...

 

まとめ …生活改善による『冷え症』解消のススメ!

以上、免疫力の低下も防ぎましょうという観点で、生活改善によって血行を良好にし、『冷え症』を解消させる方法を紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

「冷え」は万病のもととも言われます。

というのも、『冷え症』が密接に関わる免疫力の低下・血行不良・自律神経の乱れなどは、あらゆる病気の要因となり得るからです。

しかも、『冷え症』は免疫力の低下・血行不良・自律神経の乱れを慢性的なものとしたり、悪化させたりする恐れすらあります。

『冷え症』自体は病気として扱われませんが、病気の一歩手前の状態と考えて差支えないのではないでしょうか。

病気予防のためにも、『冷え症』の解消は重要ということです。

ということで、生活改善による『冷え症』の解消に努めてみましょう!

ジョコボ
ジョコボ
可能であれば、筋肉量を増やして平熱を高める努力も並行したいところですね。

 

ジョコボ
ジョコボ
この記事は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
妻
ありがとうございます。