ジョコボの闘病記

【闘病記】セカンド・オピニオンに行ってきました②(2020.03)

【闘病記】セカンド・オピニオンに行ってきました②(2020.03)

この記事は、膵臓癌(肝転移あり)と戦う二児パパ(現在6歳4歳の兄弟)による膵臓癌の闘病記です。

2018年夏、40歳で膵臓癌が見つかり膵臓1/3と脾臓を摘出し、2019年秋、肝転移が発覚し抗癌剤で治療中という現状における日記を綴ります。

ちなみに、これまでの経緯はこちらの記事にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

これまでの経緯(膵臓癌が見つかってから現在まで)
ジョコボの闘病記(膵臓癌が見つかってからの経緯) 近況を知りたい方は、こちらから最新の闘病記をご覧ください。 最新の闘病記を見る  2018年6月~: 膵臓癌が見つか...

 

ジョコボ
ジョコボ

こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、セカンド・オピニオンに行ってきた話(2件目)についてお伝えします。

 

\ 癌になったら読むべき本 /
がんを告知されたら読む本
癌治療の専門医から患者に伝えておきたい基本的な知識が盛り込まれた作品。ただ不安を煽るのではなく、優しく丁寧に解説してくれる。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

膵臓癌の闘病記

先日、セカンド・オピニオンで『順天堂大学病院』に行ってきました。

前回の『QST病院』に続いてですので、2件目になります。

 

以前にも書きましたが、『順天堂大学病院』は、転移性肝腫瘍に使えるというラジオ波治療の設備が充実しているそうです。

とくに椎名秀一朗先生はこのラジオ波治療で世界的な名医ということでして、セカンド・オピニオンを名指しで依頼。

消化器内科の先生なので、今後の抗癌剤のことなども含め、いろいろとお話を伺ってみました。

 

結果的には、けっこう急な展開で話が進み、『順天堂大学病院』にて、MRI検査、および、PET検査を受けることになっています。

ラジオ波治療ではなく、マイクロ波治療を提案されたものの、実施できるかを判断するためにもっと詳しい検査が必要とのこと。

主治医の先生へは事後報告になっちゃいますが、せっかくの話だと思って、流れに身を任せてみました。

ジョコボ
ジョコボ

いい方向へ進んでいると信じて。

 

ということで、セカンド・オピニオンで頂いた意見を要約すると、以下のような感じです。

 

現在の肝腫瘍の位置・サイズからすると、ラジオ波治療よりマイクロ波治療の方がしっかり対処できると考える。

ただし、本当に実施できるかは、もっと詳しく検査する必要があるので、MRI検査、および、PET検査を受けていただきたい。

 

マイクロ波治療をするとしても、とくに抗癌剤を止めたりはしない。

そういう点でも、外科手術や重粒子線治療に比べて、リスクは最小限に抑えられるはず。

副作用も少なからずあるが、この場での説明は割愛するから、詳しくはWEBサイトで確認しておくこと。

 

ちなみに、現在の抗癌剤(アブラキサン&ジェムザール)では、転移した肝腫瘍が少し大きくなっているということだが…

腫瘍の進行具合から見るに、かなり効果は出ていると推測できる。

マイクロ波治療を見据えるのなら、下手に抗癌剤を変えることはせずに、このまま続けておいてほしい。

 

もちろん、マイクロ波治療をやった後も、抗癌剤治療は続けるべき。

とは言え、現在の抗癌剤をどこまで続けるかの判断はとても難しく、様々な状況を見ながら決めるしかないだろう。

 

それと、膵臓癌からの肝転移で、ラジオ波・マイクロ波治療をした実績はかなり少なく、海外からの外来含めて数える程度。

標準治療のセオリーではないし、そもそも治療の対象になることがレアケースである。

やった方がいいと言い切れるほどのエビデンスは揃っていないが、やってみる価値はあるでしょう。

 

MRI・PET検査を受けること、現在の抗癌剤を続けることなど、急に話が進んだ感じですが…

これからの検査結果次第ではあるものの、前向きな意見を聞けたように思います。

ジョコボ
ジョコボ

やっぱりセカンド・オピニオンをしてよかったかな。

 

これで主治医を含めて3者の意見を伺ったわけです。

当たり前かもしれませんが、病院・医師によっても意見の違いって少なからずあるものですね。

患者本人としては、自分にとって何が最善かをしっかり吟味しなくちゃいけません。

ジョコボ
ジョコボ

早く主治医の先生とも相談しないとだ。

 

主治医の先生とは、『QST病院』のセカンド・オピニオンを受けて、抗癌剤を変更するかといった話もしていたはずなのに…

今回、抗癌剤を変更しないという逆方向に舵を切ってしまいました。

治療を続けていると、このように患者本人が早急な判断を迫られることもあります。

結果論でしか正解はわからないかもしれませんが、後悔だけはしたくないものですね。

ジョコボ
ジョコボ

だからこそ、できる限りのことを今するのだ!

妻

患者本人の判断って言うけど、家族の意見も大事よ!

 

\ 癌サバイバーの闘病コミック /
さよならタマちゃん
著者の武田一義さんは精巣癌のサバイバー。漫画家アシスタント時代の闘病記をコミカルな絵で描く、笑いあり涙ありの一押し作品。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

あとがき

当ブログは、『にほんブログ村』と『人気ブログランキング』のランキングにも参加しています。

癌の克服ブログ運営 の励みにもなるので、これを見たあなたも、是非、ご支援くださいな。

\ 両方ポチっと応援してね! /
にほんブログ村 病気ブログ がん 

 

ジョコボ
ジョコボ

上のバナーをポチっとクリックしてくれたら嬉しいです!

 

ジョコボ
ジョコボ

この記事『【闘病記】セカンド・オピニオンに行ってきました①(2020.03)』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

妻

ありがとうございます。

\ 癌になったら読むべき本 /
最高のがん治療
癌治療に関する売れ筋の本で、西洋医学の正しい情報を精査した作品。正論だけじゃ立ち向かえなくても、知らないわけにもいかない。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】
関連記事