ジョコボの闘病記

【闘病記】転院しました(2020.07)

【闘病記】転院しました(2020.07)

この記事は、膵臓癌(肝転移あり)と戦う二児パパ(現在6歳4歳の兄弟)による膵臓癌の闘病記です。

2018年夏、40歳で膵臓癌が見つかり手術で摘出し…

2019年秋、肝転移が発覚してマイクロ波で焼灼し…

2020年夏、肝転移が複数発覚し…

現在、抗癌剤治療(フォルフィリノックス)を継続中という状況における日記を綴ります。

ちなみに、これまでの経緯はこちらの記事にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

これまでの経緯(膵臓癌が見つかってから現在まで)
ジョコボの闘病記(膵臓癌が見つかってからの経緯) 近況を知りたい方は、こちらから最新の闘病記をご覧ください。 最新の闘病記を見る  2018年6月~: 膵臓癌が見つか...

 

ジョコボ
ジョコボ

こんにちは、ジョコボ@jyokobo)です。

今回の記事では、転院した話についてお伝えします。

 

\ 癌サバイバーの闘病コミック /
さよならしきゅう
著者の岡田有希さんは子宮頸癌のサバイバー。元気になれるものが読みたかったという自身の経験から生まれた温かみのある作品。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

膵臓癌の闘病記

急な話ですが、転院しました。

もとの病院では、現在の抗癌剤(フォルフィリノックス)以外に打つ手がないと言われていたので、転院を見据えて動いてはいたものの…

この急展開には自分でもビックリしています。

 

フォルフィリノックス1回目は7/6(月)に開始していて、7/20(月)に状態を確認しつつ2回目を計画するというのが、もとの病院での予定でしたが…

紹介状を持って訪れた病院では、「抗癌剤の開始数回は期間を空けずにやった方がいい」と言われました。

フォルフィリノックスの場合、隔週の7/20(月)をあまり過ぎない方がいいということですね。

それに、「7/17(金)から入院できるなら、うちで対応しようか?」とも言われ、そのままお願いしちゃったわけです。

ジョコボ
ジョコボ

ということで、昨日からまた入院しています。

 

もちろん、もとの病院へもすぐに連絡をして、今後の予定はキャンセルしました。

紹介状を書いてもらっていたし、転院の意向も事前に伝えてはいたものの…

事後報告みたいになってしまったのは、少し心苦しかったです。

ジョコボ
ジョコボ

今までありがとうございました。

 

ちなみに、新しい主治医は、治療にもけっこう前向きに対応してくれるので、気持ち的にも助かります。

今回の抗癌剤の件でも、積極的に受け入れてくれましたし。

抗癌剤は決まりきった標準があるので、どこで受けても同じと思っていましたが、そうとも限らないかもしれませんね。

 

転院した最大の目的は、今後の治療の選択肢を広げるためなので、そこは改めて主治医ともじっくり相談していきます。

抗癌剤の選択肢として遺伝子検査を進めたり、転移した肝臓への肝動脈化学塞栓療法(TACE)を検討したり…

できる限りのことをやっていくつもりです。

が、まずは抗癌剤フォルフィリノックスをしっかり効かせていかなくちゃ。

ジョコボ
ジョコボ

不安は尽きないけど、前を向くよ!

妻

うん、先に手を打って行こうね。

 

\ 癌になる前に読みたい本 /
「保険に入ろうかな」まず読む本
どんな保険に入ればよいのかなどの疑問をわかりやすく解説してくれる作品。保険は健康なうちに入らないと、いざという時に使えません。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

あとがき

当ブログは、『にほんブログ村』と『人気ブログランキング』のランキングにも参加しています。

癌の克服ブログ運営 の励みにもなるので、これを見たあなたも、是非、ご支援くださいな。

\ 両方ポチっと応援してね! /
にほんブログ村 病気ブログ がん 

 

ジョコボ
ジョコボ

上のバナーをポチっとクリックしてくれたら嬉しいです!

 

ジョコボ
ジョコボ

この記事『【闘病記】転院しました(2020.07)』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

妻

ありがとうございます。

\ 癌サバイバーの闘病コミック /
重粒子の旅
著者の中川いさみさんは鼻にできた悪性腫瘍のサバイバー。「クマのプー太郎」などでお馴染みの漫画家が、自身の闘病もあのタッチで描く。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】
関連記事