ジョコボの闘病記

【闘病記】遺伝子検査を受けたかったけど…(2020.11)

【闘病記】遺伝子検査を受けたかったけど…(2020.11)

この記事は、膵臓癌(肝転移あり)と戦う二児パパ(現在6歳4歳の兄弟)による膵臓癌の闘病記です。

2018年夏、40歳で膵臓癌が見つかり手術で摘出し…

2019年秋、肝転移が発覚してマイクロ波で焼灼し…

2020年夏、肝転移が複数発覚し…

現在、抗癌剤治療(オニバイド)を継続中という状況における日記を綴ります。

ちなみに、これまでの経緯はこちらの記事にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

これまでの経緯(膵臓癌が見つかってから現在まで)
ジョコボの闘病記(膵臓癌が見つかってからの経緯) 近況を知りたい方は、こちらから最新の闘病記をご覧ください。 最新の闘病記を見る  2018年6月~: 膵臓癌が見つか...

 

ジョコボ
ジョコボ

こんにちは、ジョコボ@jyokobo)です。

今回の記事では、遺伝子検査を検討している件についてお伝えします。

 

 

\ 癌になる前に読みたい本 /
「保険に入ろうかな」まず読む本
どんな保険に入ればよいのかなどの疑問をわかりやすく解説してくれる作品。保険は健康なうちに入らないと、いざという時に使えません。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

膵臓癌の闘病記

退院後の状態確認ということで、昨日、病院へ行ってきました。

とくに治療もなく診察だけなので、いつもよりも気楽な感じだったかと。

 

診察の結果としては、順調に回復してきているようだし、新たに始めた抗癌剤オニバイドの副作用も軽そうだし…

この調子なら抗癌剤も継続で問題ないでしょうとの所見でした。

ジョコボ
ジョコボ

いつもより気楽とは言え、内心ホッとしましたよ。

 

ついでに、以前から相談していた癌の遺伝子パネル検査についても話があったものの…

2年前に手術した時の細胞について、転院前の病院から2回提供してもらったけど、検査できる状態のものではなかったそうです。

手術から期間が経ち過ぎているせいじゃないかとのこと。

ジョコボ
ジョコボ

えーっ、そんなー。

 

とは言え、腫瘍の細胞を使っての検査ができなくても、血液から遺伝子検査する方法もあるという説明も受けました。

ただ、保険適用ではなく45万円ほどの費用が必要で、解析対象となる遺伝子数も少ないんだとか。

 

普段の治療費だけで高額療養費の限度額に毎月達しているので、保険適用なら3割負担どころか0円みたいなものなのに…

それが45万円で、しかも解析対象の遺伝子が少ないって、さすがに考えされられちゃいます。

ジョコボ
ジョコボ

いや、払えないわけではないんですけど、費用対効果とかねぇ…

 

とりあえず、血液検査の方法なら、細胞を取り寄せたりも不要だし、10日間ほどで検査結果も出るという話でして…

焦って今やる必要もないってことで保留にしました。

治療の可能性を広げることが目的なので、他の治療法なんかも探っている段階ですし。

 

ちなみに、来週は、肝転移した腫瘍への肝動注についても別の先生と相談する予定だったりします。

やっぱりできることがあるなら最大限やりたいんですよね。

ジョコボ
ジョコボ

なので、なんだかんだ言いつつ、血液での遺伝子検査もどうせやっちゃうんだろうなー。

 

そうそう、前回の記事で書いた手のしびれによる障害年金のこともちょっと相談したんですが…

それについては別の機会に改めてお伝えしようと思います。

ジョコボ
ジョコボ

あまり進展はしていないんですけどね。

 

 

 

近況はこんな感じです。

10月に復職してすぐに入院で有休消化しまくったくせに、通院でも有休をちょこちょこ削っています。

闘病しつつフルタイム勤務とのバランスがまだ上手く取れていませんが…

これはもう実際にやりながら折り合いをつけるしかないですって。

ジョコボ
ジョコボ

子供も小さいから、バタバタな毎日ですよ。本当に。

妻

それが我が家だし、無理せず適当にやっていきましょうね。

 

 

 

\ 癌サバイバーの闘病コミック /
重粒子の旅
著者の中川いさみさんは鼻にできた悪性腫瘍のサバイバー。「クマのプー太郎」などでお馴染みの漫画家が、自身の闘病もあのタッチで描く。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】

あとがき

当ブログは、『にほんブログ村』と『人気ブログランキング』のランキングにも参加しています。

癌の克服ブログ運営 の励みにもなるので、これを見たあなたも、是非、ご支援くださいな。

\ 両方ポチっと応援してね! /
にほんブログ村 病気ブログ がん 

 

1日1回だけカウントされるので、気が向いた時にでも、日を改めてポチっと応援しに来てくれると、すっごい嬉しいです。

ジョコボ
ジョコボ

上のバナーをポチっとクリックいただきたく!

 

ジョコボ
ジョコボ

この記事『【闘病記】遺伝子検査を受けたかったけど…(2020.11)』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

\ 癌サバイバーの闘病コミック /
さよならしきゅう
著者の岡田有希さんは子宮頸癌のサバイバー。元気になれるものが読みたかったという自身の経験から生まれた温かみのある作品。

(YAHOO! ebookjapan)
作品の詳細はこちら【無料で試し読みも】
関連記事