生活改善

生活改善で病気に負けないデ!『ストレス』を解消して免疫力の低下を防ぐ

生活改善で病気に負けないデ!『ストレス』を解消して免疫力の低下を防ぐ
ジョコボ
ジョコボ
こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、病気に負けない体づくりを主テーマに、生活習慣『ストレス』の免疫力に対する影響について取り上げます。

この記事に辿り着いたあなたは、おそらく、病気から体を守りたいと考えているのではないでしょうか?

であれば、生活習慣『ストレス』の改善をお勧めします。

と言うのも、過度な『ストレス』が免疫力の低下を招く要因となってしまうからです。

病気に負けない体をつくるには、『免疫力の向上・維持』が大切な要素となります。それは、外的要因による感染病であっても、内的要因による癌であってもです。

ウイルスや病原菌などの体にとっての異物が体内に侵入すると、体の免疫システムが働き、侵入してきた異物から体を守ってくれます。さらに、体内で発生したがん細胞などにも対応します。

つまり、免疫力が低くなると、がんやインフルエンザなどの様々な病気にかかりやすくなってしまうということです。

引用元:健康長寿ネット『免疫力とは』

ここまでは、以前の記事でもお伝えしました。

癌予防には免疫力の向上・維持が大切!7つの生活習慣が鍵となる
癌予防には免疫力の向上・維持が大切!7つの生活習慣が鍵となる癌の予防には免疫力の向上・維持が大切です。そのためにはどうすれば?ということで、鍵となる7つの生活習慣「食事」「運動」「睡眠」「ストレス」「生活時間」「体重」「体温」について、どう対策すべきかの観点でご紹介します。自身の免疫力を高めるよう日頃の生活を見直してみましょう!...

そこで今回は、生活習慣『ストレス』について、免疫力の向上・低下に何が影響するのかを詳しく調べてみました。

それでは、その結果をお伝えします。

 

過度なストレスが免疫力の低下を招く

過度なストレスは、自律神経のバランスを乱します。

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

引用:タケダ健康サイト『自律神経の乱れ』

強いストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、IgA分泌が低下するなど免疫力が弱まります。

※IgA:粘膜面で主体的に活躍している免疫物質

引用:乳酸菌B240研究所『免疫力低下の原因』

無意識のうちに体内の細胞をコントロールしてくれる自律神経ですが、過度なストレスによって交感神経が優位な状態に偏ると、リラックスできずに緊張が続いてしまい、免疫力の低下にも繋がります。

一時的な悩みによるストレスであったり、その度にストレスを解消できていたりすれば、大きな問題はありません。

ただし、ストレスの解消が十分でなく、どんどん蓄積されるような場合は、注意が必要です。

例えば、慢性的な長時間労働、ワンオペ家事・育児、付きっきり自宅介護あたりは、ストレス解消する余裕もなく、無理がたたりやすいと考えられます。

ジョコボ
ジョコボ
ちなみに、病気前のジョコボは慢性的な長時間労働が普通になっていました。
でも本当は普通じゃないので、体にストレスが蓄積されていたと思います。

無理せざるを得ない状況というのも理解できますが、だからそこ、あなたが病気で倒れるわけにもいかないのではないでしょうか。

ジョコボ
ジョコボ
そして今は、病気の悩みがストレスだったりします。
ですが、以前より時間的余裕があるため、ストレス解消もできています。

 

免疫力の低下を防ぐストレス解消法

過度なストレスによって緊張が続いてしまっている場合、副交感神経を優位に促すようなストレス解消法が重要です。

それでは、蓄積されたストレスをどう解消すべきか、具体的に見ていきます。

集中できる趣味を

集中できる趣味は、楽しい時間を過ごしつつ、ストレスの原因となる仕事・家事・育児・介護などから頭を離すことができます。

そのため、かなり有効なストレス解消法と言えます。

とくに体を動かす趣味は、気晴らしにもなり、快眠を誘う一面もあって、お勧めです。睡眠中のストレス解消も相まり、高い効果を期待できます。

もちろん、趣味仲間との人間関係、勝負ごとへのイライラなど、趣味そのものがストレスになるようでは逆効果です。

ジョコボ
ジョコボ
ジョコボはブログ運営が趣味の一部となりました。
体を動かす系ではないですが、今は病気療養中なので、できることから。

生活の中に笑いを

心から笑うことは、気分を明るくするだけでなく、過度なストレスによって緊張した筋肉を和らげ、副交感神経を優位にしてくれる効果があるそうです。

日々の生活の中に笑いを取り入れることが、有効なストレス解消法に繋がります。

また、作り笑いでも近い効果が得られるとも言われるので、疲れた・悲しい顔をしているなと自分で感じた時は、笑顔を作ってみてください。

ジョコボ
ジョコボ
ジョコボは、生活の中に小さい子供2人がいるおかげで、笑うシーンがたくさんあります。
怒るシーンもたくさんありますが…

お腹いっぱいの深呼吸を

鼻からお腹いっぱいに息を吸い込み、ゆっくり吐き出す深呼吸は、副交感神経を優位にするよう働きかけてくれるそうです。

趣味などをする時間的余裕がない人でも、手軽にできるストレス解消法になります。

とくに寝る前は、副交感神経が優位のリラックスした状態が望ましいので、この鼻による腹式の深呼吸をオススメします。

ジョコボ
ジョコボ
時間的余裕がなくても、これくらいなら取り入れられるのではないでしょうか。

 

まとめ …病気に負けない『ストレス』の生活改善

以上、病気に負けない体をつくるため、生活習慣『ストレス』の免疫力に対する影響を見てきました。

いかがでしたでしょうか?

結論としては、免疫力の向上・低下に対する『ストレス』の影響はあって、免疫力の低下を防ぐためにも、ストレス解消が大事になります。

それに、過度なストレスは、免疫力の低下によって病気を招くだけでなく、それより先に心が病んでしまうケースも少なくありません。

体にも心にも悪影響をもたらします。

とは言え、今の時代、ストレスフリーに生きるのは難しいと思うので、いかにストレスを蓄積させずに解消していくかが重要です。

少しでも自分の時間を見つけて、ストレス解消に努めましょう。

私の場合、結果的に病気になって休職中ですので、仕事における過度なストレス状態からは半強制的に解放されました。

これから復職した際にも、ストレス軽減を第一に考え、それでも溜まったストレスは、すぐに解消するよう努めるつもりです。

ジョコボ
ジョコボ
膵臓癌なので、病気になって良かったとは思いませんが、半強制的でなければストレスを蓄積し続けてたはずでして、それはそれで怖いものがあります。

 

ジョコボ
ジョコボ
この記事は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
妻
ありがとうございます。