栄養の補給

太りたいけど胃腸が弱いし下痢がち…内臓負担を少なくカロリー摂取する方法

太りたいけど胃腸が弱く下痢がちで…内臓負担を少なくカロリー摂取する方法

この記事は、太りたいけど胃腸が弱い・下痢がちといった理由で太れない人に向けた内容です。

病気を原因として体重が減ってしまった筆者が、同じような理由で太りたくても太れなかった経験談も交え、その対処方法をお伝えします。

是非、胃腸が弱くて下痢がちで太れない場合の参考にしてみてください。



 

ジョコボ
ジョコボ
こんにちは、ジョコボ(@jyokobo)です。

今回の記事では、内臓負担を少なくカロリー摂取する方法について取り上げます。

 

胃腸が弱いし下痢がちで太れないって、けっこうな悩みですよね?

私の場合、膵臓癌の摘出手術をした後に、10キロ以上体重が減少し、その後もなかなか体重を増やせず悩みました。

まさに、太りたいのに太れないといった状況です。

ジョコボ
ジョコボ
太れないどころか、58キロあった体重が50キロ切っても下げ止まらない状況に、当時は不安でいっぱいでした。

その背景には、手術の影響&抗癌剤の副作用があるのですが、体重が減少した理由となると、大きく以下の2つが該当すると思います。

体重が減少した理由
  • 胃腸が弱まり下痢がちになってしまったこと
  • 食欲がなくなり一度に食べられる量も減ったこと

私は病気がきっかけですので、自分で悩むだけではなく、病院の栄養士さんにも相談し、改善策を実施してきました。

そこで今回は、前者の「胃腸が弱まり下痢がちになってしまったこと」に着目し、体験談も交えつつ、その改善策を共有したいと思います。

大事になるのは、内臓負担を少なくカロリーを摂取する方法です。

加えて、効果的にタンパク質を摂取する方法も探ってみました。

それでは、詳しく見ていきましょう。

ジョコボ
ジョコボ
ちなみに、サプリメント系ではなく、通常の食品による改善策になりますよ。

 

太りたいけど胃腸が弱い・下痢がちだと太れない理由は?

そもそも、太りたいと思っていても、胃腸が弱く下痢がちだと、なぜ太れないのでしょうか?

ご存知の通り、胃腸という消化器官は、食べたものを消化・吸収するといった大事な役割を担っています。

その役割を全うする力が弱いと、消化不良を起こしてしまい、十分に栄養を吸収できないのです。

十分に栄養を吸収できなければ、太りたくても太れませんね。

ちなみに、慢性的に胃腸が弱い主な原因はいくつか考えられます。

胃腸が弱い主な原因
  • 胃下垂など体質的なものによる機能低下
  • 疲労・ストレスなどによる機能低下
  • それ以外の疾患による機能低下

私の場合、主な原因とはちょっと異なりますが、内臓の手術後で胃腸の機能が低下し、抗癌剤の副作用で下痢も誘発され…といったことが原因に考えられます。

今回は、胃腸が弱くても太りたいことを前提に話を進めますが、ひどい下痢が続いたりなどの場合は、放置せずに病院で診てもらってくださいね。

ジョコボ
ジョコボ
ジョコボは病気がきっかけなので、もちろん担当医の先生にも症状を伝えています。

 

内臓負担を少なくカロリー摂取するには?

では、本題である内臓負担を少なくカロリー摂取する方法に入ります。

カロリーの高い栄養素と言えば、脂質が有名です。

1gあたり、たんぱく質4kcal、脂質9kcal、炭水化物4kcalのエネルギーになります(ただし、食品によって、これらの数値は若干変わります)。食べ物のエネルギーは、主として各三大栄養素の重量(g)に1gあたりのエネルギーを掛けて合計したものです。

引用元:グリコ栄養成分百科『エネルギー』

言うまでもなく、三大栄養素の中で、最もカロリー効率に優れるのが脂質です。

それが原因で、ダイエットの天敵とされたりもしますよね。

ちなみに、糖質は炭水化物に含まれるので、糖質に比べても倍以上のカロリー効率があります。

一方で、消化しにくく内臓に負担を掛けてしまうのも脂質です。

牛肉やアイスクリーム、さつまいもは100gで約3時間、バターは50gでなんと約12時間も消化に時間がかかります。このデータからもわかるように、脂肪分や繊維質の多い食べ物は消化不良の大きな原因になります。

引用元:タケダ健康サイト『消化不良』

残念ながら、胃腸の弱い人は、カロリー効率の高い脂質を吸収しづらいという面もあるのです。

だとすると、脂質以外でカロリーを摂取するしかないのでしょうか?

といったことも踏まえ、病院の栄養士さんにも相談してみたところ…

ジョコボ
ジョコボ
体重が減り続けていた当時は不安感が強く、栄養士さんと何度か面談させてもらっていたのです。

お勧めされたのが、「MCTオイル」という内臓負担の少ない中鎖脂肪酸を利用した食用油でした。

消化器系の手術をした患者さんや、内臓機能の低下の見られる高齢者さんに、とても適したものだそうです。

私としては聞き慣れない名前だったこともあり、詳しく調べてみたので、ここでも紹介したいと思います。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸油)の紹介

MCT(中鎖脂肪酸)は、ココナッツや母乳などに含まれる天然成分です。これを抽出した食用油がMCTオイル(中鎖脂肪酸油)になります。

それでは、MCTオイルの特徴・食べ方などを見ていきましょう。

MCTオイル(中鎖脂肪酸油)の特徴

一般的な油に含まれる長鎖脂肪酸に比べ、以下のような特徴があります。

MCT(中鎖脂肪酸)の特徴
  1. 消化吸収がよく胃腸に優しい
  2. エネルギー効率に優れた油脂

中鎖脂肪酸は、水に溶けやすい糖などと同様に、小腸から門脈を経由して直接肝臓に入り、分解されます。

消化・吸収後の経路が異なるため、MCTは、一般的な油に比べて、4~5倍も速く分解され、短時間でエネルギーになることが特長です。

引用元:MCTサロン『そもそも「MCT」ってなに?』

そのため、MCTオイルは、一般的な食用油より、胃腸への負担が少ないのです。

実際、このような特徴から、医療現場などでも長年に渡り利用されています。

MCTは、これまで40年以上に渡り、消化器系の手術を行って油の消化吸収が低下した患者などへの栄養補給時に、安全性の高さから医療現場で広く利用されてきました。

引用元:MCTサロン『そもそも「MCT」ってなに?』

新たに開発された健康食品といった類のものではなく、安心感もあります。

一方で、MCT(中鎖脂肪酸)は、分解されやすい特徴から、体脂肪になりにくいため、ダイエットやメタボ対策としても注目されているようです。

だとすると、太りたい目的にそぐわないのでは?

体脂肪を増やしたいのでしたら確かにそうですが、消化不良で栄養が摂れていない人は、そもそも筋肉量を先に増やす方が大事です。

そして、筋肉量を増やすための材料となるのが、エネルギー(カロリー)とタンパク質です。

低栄養による痩せの状態を改善するためには、からだの材料となる「タンパク質」と、そのタンパク質でからだを組み立てる「エネルギー」をしっかりと摂ることが重要です。

引用元:MCTサロン『低栄養を改善する「MCT」』

カロリーをしっかり摂取しないことには、体づくりもできません。

結局、胃腸の弱い人にとって、内臓負担を少なくカロリーを摂取できるMCTオイルは、最適だと言えそうです。

MCTオイル(中鎖脂肪酸油)の使い方

MCTオイル(中鎖脂肪酸油)は、無味無臭の食用油です。

1回でたくさん使用するのではなく、スプーン1杯程度をサラダにかけたり、飲み物に混ぜたりして召し上がるものになります。

そのため、こまめなエネルギー補給に適した食材だと言えます。

酸化や熱による劣化に強く、低温でも固まらないので、常温で保管して問題ありません。

 

MCTオイル ≫

 

効果的にタンパク質も摂取するには?

太ることが目的の体づくりには、カロリー摂取だけでなく、一緒にタンパク質も摂取する必要があるようです。

であれば、効果的にタンパク質を摂取する方法も知りたいですよね?

当然、私もそうだったので調べました。

タンパク質を多く含み、消化に優れた食品と言えば、以下のようにいくつか当てはまりますが…

消化に優れたタンパク質源の食品
  • 半熟卵
  • 魚類(タイ、ヒラメなど)
  • 鶏ささみ
  • 低脂肪ヨーグルト
  • 豆腐、豆乳

MCTオイルと一緒に召し上がりやすいのは、低脂肪ヨーグルト、豆乳です。

実際、私はヨーグルトを毎日食べるよう習慣づけていたので、そこにMCTオイルを混ぜて利用していました。

ジョコボ
ジョコボ
現在は体重も徐々に増加傾向にあり、体調も安定して食べられるものも増えてきたので、過去形です。

更なる健康を目指す人向けに、ヨーグルトと豆乳の良さを併せ持った「ケフィア豆乳ヨーグルト」も紹介しておきます。

 

ケフィア豆乳ヨーグルトの紹介

ケフィア豆乳ヨーグルトは、ヘルシーで高タンパクな豆乳を発酵させて作るヨーグルトです。

ケフィア豆乳ヨーグルトそんなケフィア豆乳ヨーグルトの特徴は以下の通り大きく3つあります。

ヘルシーで高タンパク

豆乳を使っているので、ヘルシーで高タンパクな食べ物になります。

コレステロールを減らす働きを持つ大豆タンパクを多く含み、鉄分も牛乳の10倍以上とたっぷりです。

酵母と乳酸菌のW発酵

一般的なヨーグルトは1~2種類の乳酸菌で発酵しますが、ケフィア豆乳ヨーグルトは5種類の乳酸菌と3種類の酵母で発酵します。

合計8種類という豊富な菌が魅力的です。

家庭で簡単に作ることが可能

ご家庭で簡単に作ることができます。(発酵温度:25~35℃程度、発酵時間:6~24時間)

酵母発酵も行うケフィアは、密閉容器が膨らんでしまう事情があるため、スーパーなど店頭でのパック販売はされていないのです。

ジョコボ
ジョコボ
ということで、ケフィア豆乳ヨーグルトに興味があれば、こちらからお試ししてみてください。

ケフィア豆乳ヨーグルト ≫

 

まとめ …太りたいけど胃腸が弱いし下痢がちな人は

以上、太りたいけど胃腸が弱く下痢がちな人に向け、内臓負担を少なくカロリーを摂取する方法効果的にタンパク質を摂取する方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

私もこの改善策を実践していたのですが、実践しなかった時との比較ができないので、正直、確かな効果があったとは言い切れません。

ただ、体重の減少が続く中で実践し始め、その後に体重が下げ止まり、徐々に増加傾向というところまで復調したのは1つの事実です。

あなたも胃腸が弱くて太れないと悩んでいるようでしたら、是非、「MCTオイル」+「ケフィア豆乳ヨーグルト」を実践してみませんか?

あなたの悩みの解決に、少しでも役立つことができたのであれば幸いです。

ジョコボ
ジョコボ
とくにデメリットはないので、実践する価値は大アリですよ!

MCTオイル ≫

ケフィア豆乳ヨーグルト ≫

 

ジョコボ
ジョコボ
この記事『太りたいけど胃腸が弱いし下痢がち…内臓負担を少なくカロリー摂取する方法』は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

長男
長男
ありがとうございます!